エドガー・サリヴァン新曲「MISSSSING feat.DinoJr.」12月2日配信リリース決定&ジャケット写真解禁

2020.11.30 22:30
エドガー・サリヴァン新曲「MISSSSING feat.DinoJr.」12月2日配信リリース決定&ジャケット写真解禁サムネイル画像
エドガー・サリヴァン「MISSSSING feat.DinoJr.」

男女二人ユニット エドガー・サリヴァンの新曲「MISSSSING feat.DinoJr.」 が12月2日に配信リリースすることが決定した。

「MISSSSING feat.DinoJr.」は、外出自粛を推奨される昨今の状況にインスピレーションを受け、直接気持ちを確かめ合うことができずにすれ違う二人を描いた今の季節にもぴったりな、せつない楽曲になっている。

コロナ禍中に自身で企画していたライブが中止となり、何かできないかと模索する中で、親交の深いシンガーソングライターDinoJr.をフィーチャーし、オンライン上でのコミュニケーションを中心に制作した。

「危機管理が足りてない」「かつてない現状」などの歌詞に見られるように、コロナ禍以前/以後で明確に線引きできるほどに様変わりしてしまった“今”をストレートに歌った自信作だ。

また、解禁となったアートワークは、Yuya Utamura氏が手がけた。楽曲のイメージに寄り添い、行き交う人が印象的に描かれたビビッドな色使いが印象的なジャケットとなっている。

【佐々木萌 コメント】

コロナによりわたしたちの生活は一変した。
だれも彼もが行き交う流れが一時止まったことでわたしは、惰性や暇の潰しではなくって本当に自分の会いたい人はだれか、そして会いたいという想いとは、もし会えないままさよならをする事になったとしたらそれほどに後悔することはあるか?これ程にというその気持ちに向き合うことになった。
その気持ちを超えてコンタクトをとり、一緒に音を鳴らせた仲間だけで曲を作りました。

【DinoJr. コメント】

会いたいのに、会えないーー小説や詩の中でしかお目にかかれないそんな状況がコロナ禍によって現実のものとなってしまった2020年、誰もがきっと抱えたであろう喪失感や焦燥感を浮遊するエレクトロビートの上で表現しました。世界の時間が止まってしまった今年、せめてこの曲を通じてみんなに会いに行くぜ。萌ちゃん、遥、そして祥太、ありがとね!!!

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100