高木大丈夫、初のデジタルシングル「いのちの糸」リリース

2020.10.28 22:15
高木大丈夫、初のデジタルシングル「いのちの糸」リリースサムネイル画像
高木大丈夫

日本のフォークロックの創世記を彩った日本初のレーベル“ベルウッド・レコード”から昨年8月にデビューを飾った“高木大丈夫とNoProblems”。

そのAL『この世界は愛で溢れているだろう』は、高田漣、伊藤俊吾(キンモクセイ)等からも熱い称賛を得た隠れた名盤。業界関係者の中では、その音楽的でかつ、色々な世界の民族楽器を使った生楽器の音色に彩られたオーガニックな新しいフォーク世代として高い評価を得ている。

その中心的なリーダーである高木大丈夫の初のソロ・デジタルシングル。アコースティックな質感とノイズ音を配した懐かしくも新しい音世界にメロディアスでありながらも、パーソナルな心情を朴訥と語るような個性的な楽曲は、今、誰の胸にもとても響くであろう。

ボーカルはもちろん、全ての楽器演奏からミックスまで、高木大丈夫、本人が仕上げており彼のマルチな才能も感じられる作品となっている。

【高木大丈夫 コメント】

日常の思いも寄らないタイミングで、ふと、人生について考えてしまう事がある。そんな瞬間を歌にしたいと思いました。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254