朝倉さや、アルバム「古今唄集」のリード曲「Mr.Mamurogawa」のリミックスをデジタルリリース

2020.6.3 19:30

その天才的な歌唱力で様々な伝説を作ってきた新世代歌姫、朝倉さや。4月1日に発売したメジャーデビューアルバム「古今唄集~Future Trax BEST~」のリード曲「Mr.Mamurogawa」のリミックスバージョンを6月3日にデジタルリリースした。

「Mr.Mamurogawa」は山形の民謡「真室川音頭」をベースに新しい解釈を加えて作り上げたもの。朝倉さやが呼ぶところのいわゆる「Future Trax」である。今回、朝倉さやとプロデューサーのSolayaは、それだけでも斬新だった曲に更に新しいアプローチを2つの角度から試みた。

1バージョン目はお洒落でダンサブルな「JAZZ & 宇宙 Funk ver.」JAZZYなピアノとギターが複雑に繊細に絡みながら進行するトラックに朝倉のスペイシーなボーカルが飛び込んでくる。後半は重厚且つファンキーなリズムセクションがぐいぐいと音像を膨らませてゆく。まさに宇宙Funkであり、民謡のビッグバンだ。

2バージョン目は「アコースティックver.」シャープに展開するアコースティックギターのカッティングに乗せてウッディだがスピード感がある仕上がりだ。どちらも聴いているだけで家の中でも踊りだしたくなるバージョンに仕上がっている。

あくまで基本は民謡に対するリスペクトを持ちながら、自由な発想でコブラツイストのように縦横無尽に民謡にオリジナリティを絡ませていく面白さは朝倉さや独自のものだろう。

その2バージョンをまとめて「Mr.Mamurogawa Remixies」としてダウンロードでも聴き放題サービスでも入手可能。発売中のアルバム「古今唄集」と併せて楽しめる。

朝倉は、本人Twitter上で毎日18時に38秒間新しい動画を上げるのを38日間続けるという「38Movie」を4月9日よりスタート。「さや」にこだわった配信だ。

現在は38回目どころか既に50回を超えている。「となりのトトロ」、「Pretender」、「天城越え」、「糸」「花笠音頭」から「キューピー3分クッキング」や「笑点」のテーマ曲までジャンルを縦横無尽に駆け巡りながらその歌唱力を惜しみなく披露している。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254