祭nine.らが初登場!歌詞注目度ランキング1位は2週連続であいみょんのドラマ主題歌

2020.5.31 11:30

歌詞検索サービス「歌ネット」が、5月28日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にあいみょんの「裸の心」が輝いた。2週連続での首位獲得となる。2020年6月17日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、多部未華子が主演を務めるTBS系の火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』主題歌だ。YouTubeでは、ショートムービーが公開。彼女自身が自宅で撮影した映像を中心に制作された貴重な作品となっており、アートワーク同様、とんだ林蘭がディレクションを担当。楽曲とマッチした映像に仕上がっている。

2位には、海蔵亮太の「素敵な人よ」がランクイン。前週の5位から順位を上げた。2020年6月10日にCDリリースされる新曲であり、5月20日から先行配信がスタートしている。同曲は、過去の忘れられない恋愛を引きずる自分との決別を歌った、壮大なラブバラード。海蔵亮太は「過去の自分と向き合い、そして前に進む自分を肯定できるようなラブソングです。聴いた皆さんの心が少しでも楽になりますように。」とコメントしている。

4位には、祭nine.の「ビビビTANGO」が初登場。2020年6月10日にリリースされるニューシングルのタイトル曲である。タンゴの国の女王バチを好きになってしまった蜂が、憧れの人といつか踊ることを夢みてひたすら頑張る、という恋の物語。これまで元気いっぱいのお祭りソングを歌ってきた祭nine.が、恋物語をモチーフとしたタンゴ曲に挑戦した。

6位には、SUPER BEAVERの「ハイライト」がランクイン。2020年6月10日にリリースされる両A面シングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』のタイトル曲。今年4月1日で結成15周年を迎え、4月8日にメジャー再契約を表明した彼らの同曲は、疾走感あるロックサウンドに強い意志が込められた1曲だ。

10位には、フレンズの「あくびをすれば」が初登場。2020年6月17日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、TVアニメ『ハクション大魔王2020』のエンディングテーマに書き下ろされた。同曲は「アニメと共に最後まで楽しんで欲しい」という思いが込められた、リズミカルで爽快な楽曲となっている。

【2020年5月28日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 裸の心/あいみょん
2位 素敵な人よ/海蔵亮太
3位 Living in the city/SCANDAL
4位 ビビビTANGO/祭nine.
5位 アメイジングレース/go!go!vanillas
6位 ハイライト/SUPER BEAVER
7位 Hero/さなり
8位 Marry Me/HAND DRIP
9位 You GARI feat. SUSHIBOYS/空音
10位 あくびをすれば/フレンズ

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100