宗像美樹、New Single「明日へのヒカリ」が「有田ジェネレーション」エンディングテーマに決定

2020.2.28 19:15

シンガーソングライターとして活動している、宗像美樹(むなかた みき)の最新デジタルシングル「明日へのヒカリ」(3月15日配信スタート)が、TBS系テレビ「有田ジェネレーション」3月度エンディングテーマに起用されることが発表された。

「有田ジェネレーション」は有田哲平(くりぃむしちゅー)が埋もれているネクストジェネレーションを発掘すべくオーディション形式のバラエティ番組で、TBSテレビでは毎週月曜日に放送されているほか、全国5局ネット(チューリップテレビ、中国放送、あいテレビ、熊本放送、大分放送)で放送中。

「明日へのヒカリ」は宗像自身が作詞を担当。ピアノの旋律と透き通った歌声が印象的なバラード曲となっている。

楽曲について宗像は「大人になった今だからこそ、子供の頃描いていたような夢を叶えたい、もう一度挑戦したいという思いを込めて作った曲です。日々生きている中で、心の中にある消せない夢や希望は人それぞれあると思います。それがどんな形であれ、辿り着くまでに時間がかかったり、思うようにいかずに辛かったり、傷ついたりしても、それにはきっと意味があって、さらに人として成長できるのではないかなと思っています。この曲を通して沢山の方に今自分の心の中にある夢を諦めずに、明日を信じて前を向いて歩んで貰えたら嬉しいなと思います。」とコメント。

配信日当日の3月15日(日)には、初のワンマンライブ「宗像美樹 Birthday Live」を、GRAPES KITASANDO(渋谷区千駄ヶ谷)にて開催する。放送と併せて、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254