cadode、J-WAVE「SONAR TRAX」選出曲2曲を含む1st mini albumをリリース

2020.2.20 15:00

虚無と情動を歌う廃墟系ポップユニット”cadode”(読み:カドデ)が1stミニアルバム「2070」を2月19日にデジタルリリースした。

Music Producerのeba、Vocalのコシマサヒロ、GeneralManagerの谷原亮(L⇒R)というプロフィールの他は謎に包まれ情報も少なく、ノンプロモーションながらも配信シングル「タイムマシンに乗るから」がJ-WAVEの「SONAR TRAX」に選出され、さらにはJ-WAVEの「TOKIO HOT 100」のTOP10にいきなりランクイン。ほかにもSpotifyの「Early Noise」にも選出されるなどその音楽性の高さや魅力的な声で高い評価を受けていた彼ら。

今回リリースされるミニアルバムには「タイムマシンに乗るから」を含む全6曲を収録。2070年のパラレルワールドの未来の東京をテーマに、その世界をアルバム全体で表現したコンセプチュアルな内容に仕上がった。なお、すでにこのアルバムから先行配信されているデジタルシングル「TOKYO2070」もJ-WAVEの「SONAR TRAX」に選出され「いま聴くべき” NEXT BREAKアーティスト」として注目を集めている。

同時に新たなアートワークも解禁となり、アルバム特設サイトもオープンした。特設サイトではVo.コシマサヒロによる各楽曲の解説を見ることができ、アルバムをより一層深く味わうことのできるコンテンツが掲載されている。

また、今年の7月24日には東京・代官山SPACEODDでのツーマンライブを予定しており、今後の続報が待たれる。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254