逗子三兄弟・長男優己、ソロプロジェクト“The Weekend Locals”初ワンマンライブ大盛況で再スタート!

2020.2.18 15:30
逗子三兄弟・長男優己、ソロプロジェクト“The Weekend Locals”初ワンマンライブ大盛況で再スタート!サムネイル画像
“The Weekend Locals”

2011年に発表した「純白の花嫁」がロングヒットをし、昨年4月30日をもって無期限活動休止をした逗子三兄弟の長男・優己が新たなソロプロジェクトをスタートとさせた。

2020年2月16日東京・KIWA TENNOZでおこなわれた「The 1st ONEMAN-SHOW」は開演から逗子三兄弟の長男 優己のソロプロジェクト“The Weekend Locals”を待ちわびていたファンで会場はSOULD OUTとなった。オープニングSEが流れステージ登場した優己はダイナミックなギターを鳴らし、一気に観客をひきつけた。新しいスタートを集まったファン達に誓う「僕が僕を諦めるのは僕が死ぬときだ」。自分自身へ力強く進んでいく事を刻みながら、観客1人1人に語りかけながら歌声を届けた。

MCで優己は「すげえ緊張している。こんなに集まってくれて本当に感謝しています」と感謝を伝えた。

この日は逗子三兄弟の楽曲「リトルムービー〜淡い恋の物語〜」も披露するなど全12曲を演奏。どこまでも自由、かつ遊び心を大事にしたステージを披露した“The Weekend Locals”。「音を鳴らすことが最高に楽しい!」という気持ちが音色、演奏、パフォーマンスで表現されていた。

ライブ終了後には、この日から発売された1st MINI ALBUM『Sing About Me』を求めるファンで長蛇の列ができていた。優己のソロプロジェクト“The Weekend Locals”、新たなストーリーを歩みはじめた彼に注目が集まる。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254