山本彩、初のオリジナルアルバムのタイトルが「α」に決定

2019.11.11 12:00

本日、山本彩が12月25日(水)に発売にするオリジナルアルバムのタイトルが解禁となった。ニューアルバムのタイトルは「α」(ヨミ:アルファ)。

タイトルの意味は「最初」や「未知数」という意味があり、グループ卒業後初めて出す今回のアルバムを表す言葉になっている。

全曲作詞作曲を⼿がけた今作アルバムは、1stシングル「イチリンソウ」(⻲⽥誠治プロデュース)、2ndシングル「棘」(根岸孝旨プロデュース)、3rdシングル「追憶の光」(⼩林武史プロデュース)まで収録したラインナップに加え、⼤⽊伸夫(ACIDMAN)プロデュースの疾⾛感溢れるオルタナ・チューン「TRUE BLUE」、SIRUPなどのサウンドプロデュースでお馴染みのMori Zentaroがプロデュースするミッド・グルーヴ「Homeward」、そしてトオミヨウがプロデュースするアブストラクトなロックバラード「Larimar」など新曲3曲を収録した、全11曲。その他にもプロデューサーとしてKai Takahashi(LUCKY TAPES)、寺岡呼⼈、⼩名川⾼弘が参加しており、山本彩のクリエイティヴを存分に感じられる⼀枚となった。また、マスタリングは、ロンドンにあるメトロポリススタジオにてArctic Monkeys、Thom Yorke、Coldplayなどを⼿がけたマット・コルトンが担当している。

同時に解禁になった今作のキービジュアルは全てロンドンで撮影され、山本彩の“魅力”を最大限に引き出した仕上がりに。主要チェーン店舗で実施されている特典ポスター10種類もロンドンで撮り下ろされており、そのプレミアムなデザインにも注目だ。

そして、購入者の中から抽選で2,400名が招待されるプレミアムイベント「スペシャルアコースティックミニライブ&トーク」も決定している。

初回限定盤の映像特典には、ミュージック・ビデオクリップ集を収録。FC限定盤にはミュージック・ビデオクリップ集に加え、このアルバムのためにロンドンで撮り下ろした208ページに及ぶフォトブックと、メイキングムービーが付いた豪華BOX仕様となっている。このFC限定盤は11月17日(日)23:59までの予約受付となっているため、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100