山本彩、全曲作詞&作曲を手掛けたグループ卒業後初のオリジナルALが12月25日発売決定

2019.10.16 19:00

山本彩のニューアルバムが12月25日(水)に発売することがついに発表され、収録曲や形態数などが明らかになった。本アルバムはグループ卒業後、初めて全楽曲の作詞作曲を山本彩が手掛けている。

1stシングル「イチリンソウ」(亀田誠治プロデュース)、2ndシングル「棘」(根岸孝旨プロデュース)、3rdシングル「追憶の光」(小林武史プロデュース)まで収録した豪華ラインナップに加え、大木伸夫(ACIDMAN)プロデュースの疾走感溢れるアッパー・チューン「TRUE BLUE」、SIRUPなどのサウンドプロデュースでお馴染みのMori Zentaroがプロデュースするミッド・グルーヴ「Homeward」、そしてトオミヨウがプロデュースするアブストラクトなロックバラードなど新曲3曲を収録した全11曲。

また、マスタリングはロンドンにあるメトロポリススタジオにてArctic Monkeys、Thom Yorke、Coldplayなどを手がけたマット・コルトンが参加している。

初回限定盤の映像特典にはミュージック・ビデオクリップ集、FC限定盤はこのアルバムのために撮り下ろした208ページに及ぶフォトブックとメイキングムービーが付いた豪華BOX仕様になっている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100