ダウンタウン松本 幼少期の行動明かし驚きの声「同じ国の話とは…」

2018.6.21 20:50
ダウンタウン松本 幼少期の行動明かし驚きの声「同じ国の話とは…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

20日深夜に放送されたTBS系「クレイジージャーニー」に出演したダウンタウン松本人志が、自身の幼少期を振り返った。

番組冒頭、バナナマンの設楽統から「子供の時に家で虫とか飼ってました?」と質問された松本は「僕は飼いたくはないけれども、沢山、台所に飼ってましたね」と話し「害虫的なもの」と発言し笑いを誘った。

続けて「でかい蜘蛛とか家にいたよね」「ハエをパーンって叩いて殺して、半殺しで蜘蛛の巣にポンっとあげたりとか」と幼少期の行動を明かすと、小池栄子は「知らなーい。同じ国の話とは思えなかった」とコメントし、松本も大きな笑い声をあげた。

松本は以前にも同番組で、幼少期にやっておけばよかった習い事として英語を挙げ、1人で飛行機に乗っていた際、「すごい喉乾いてたのに、飲み物断ったことになってでっかいクッキー渡されたからね」と乗務員とのコミュニケーションがうまく取れなかったと振り返った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254