星野源「夢だった」が実現しなかった幻のオファー明かす

2018.6.7 7:00

5日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』で、星野源がバラエティ番組の思い出について話す場面があった。

【写真】星野源、ヘアメイクもスタイリストもつけずに、撮影は自撮りで連載開始

番組企画の『イントロクソやべえ!』のコーナーに、とんねるずの『ガラガラヘビがやってくる』のイントロが寄せられたことから、今年最終回を迎えたとんねるずの番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』について、星野は「もじもじくんってあったじゃないですか」と話し始めた。

星野は、全身タイツを着た出演者が体を使って文字を表現する同企画に「僕あれ出るの夢だったんですよ、出る前に(番組が)終わってしまったという」と、出演を熱望していたことを告白。

続けて「結構昔に、プロモーションで出ませんかみたいなのが1回あったの」「『おかげでした』の時に」と、オファーがあったことを明かすも「でもそれスケジュールで出れなくて」「結局出れずね、残念でした」と、夢の実現はしなかったと振り返った。

このエピソードにリスナーのSNSでは「出る予定あったの!?すごいなぁ!」「もじもじくん出て欲しかったー!」「源さんもじもじくんの格好似合いそう(笑)」など、様々な反響が寄せられた。

星野は過去にも『とんねるずのみなさんのおかげでした』の思い出について明かしており、番組に出てきた「オタクっぽい男の子の」「体当たりするやつ」と、あるキャラクターに思い入れがあるといい「あれ僕小学校の時、めちゃめちゃマネしてて」と思い出を語っていたことがあった。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254