菅田将暉 石崎ひゅーいの「抱かれたい」発言に「相思相愛やった」

2018.6.5 20:10

4日深夜に放送されたニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」に出演した石崎ひゅーい菅田将暉に関するエピソードを披露した。

【写真】菅田将暉、中学1年生頃の貴重な3兄弟ショットが公開

この日の放送では公開収録を行い、石崎がゲストとして登場した。

石崎は菅田との出会いについて、2014年に菅田が出演した舞台『ロミオとジュリエット』を観劇したと振り返ると、男性キャストのみでの構成やロミオを演じた菅田の肉体美を絶賛し、「本当に『抱かれたい』と思いましたね」と当時の気持ちを明かした。

この発言に菅田は大きな笑い声をあげ、「そっち目線やったんですね」とコメントした。

そして菅田は「僕ちょうどあの頃、それこそ稽古とかのしんどい時とかにひゅーいくんの曲を聴いて、やってたから」と明かし、「『うわっ!見に来てる!』みたいな」と石崎との出会いを話した。

菅田は、石崎の話も踏まえ「だから相思相愛やったっていうことでいいですかね」とお互いに魅力を感じていたと話し、笑っていた。

菅田と石崎は以前より交友があり、菅田が歌う楽曲『さよならエレジー』を石崎が作詞作曲したことでも話題となっていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100