神田沙也加 親友・中島美嘉への想い明かす「片耳は彼女のもの」

2018.5.7 11:58
神田沙也加 親友・中島美嘉への想い明かす「片耳は彼女のもの」サムネイル画像
神田沙也加

神田沙也加が、6日、自身のブログに中島美嘉との関係を明かした。

【写真】小室哲哉、3ショット写真も公開!「桂子も観てくれました」。神田沙也加をボーカルに迎えたglobeが「圧巻」「素敵すぎて」と絶賛!

神田は、自身のブログを「親友」というタイトルで更新しており、「親友って、大人になってから作るのって難しいイメージがあります」と書き始めている。

そして「芸能界という戦場ではこのコ。意外でしょうが13年来」と中島の写真を載せ、親友だと明かした。

「お休みの日でも、すっぴんでも、たとえ泣き腫らした顔でも逢える、逢いたいな、と思うのが親友なら、わたしは彼女とはきっと一緒に住めちゃうから、彼女のことはなんと呼ぶのでしょうか」と綴り、「昔は彼女の家の鍵を持って、彼女がいない間も部屋にいたりしました。特におしゃべりが止まらないわけではないの、全然お互い黙ってる時もあるし静かな時は静かなんです」と親交の深さをのぞかせた。

続けて「彼女がナナになる前、ナナと奈々みたいに一緒にベッドで眠った事があったから、映画を観た時はなんだかちょっと懐かしいような、ヤキモチのような不思議な気分だったのを覚えています。笑」と中島が主演を務めた映画『NANA ―ナナ―』について触れ、当時を振り返った。

さらに「『人の楽屋に上着を脱ぎ散らかしてっ』と言ったら、『あんただって人の楽屋で勝手に人の服着てるじゃん!』と言ってます。 そう、わたしが彼女のライブに行ったら、美嘉の椅子に座って美嘉のカフェオレを飲んでます。彼女の私服が可愛かったら勝手に羽織ります。笑」「彼女は呆れ顔で、わたしは真顔で、それから『バカでしょ』と笑って、ふざけてばかりで今日まで来ました」と綴っている。

最後には「わたしの片耳は彼女のものです」と、中島が以前患っていると公表された“両側耳管開放症”に関わっているのではと思われる言葉を記し、「客席に馴染んでなかった、と言ったら、『また来てやるわ!今度はずっとスタンディングで観てやる』と、眉間に皺を寄せて帰って行きました。 次の公演にでも来て欲しいです」と中島が自身が出演する舞台を見に来たことを明かした。

神田は、現在公演中のミュージカル「1789-バスティーユの恋人たち-」に出演しており、農夫ロナンと強く惹かれ合う宮廷に仕える心優しき侍女・オランプを演じている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254