星野源、幼少期に「友達がいなくなった」原因語る

2018.4.12 11:15

10日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』で、星野源が幼少期について話す場面があった。

【写真】星野源、ヘアメイクもスタイリストもつけずに、撮影は自撮りで連載開始

番組内では、星野が先日最終回を迎えたフジテレビ系『みなさんのおかげでした』の思い出を振り返りながら「名前忘れちゃった、オタクっぽい男の子の」「体当たりするやつ」と、あるキャラクターに思い出があると話しはじめた。

続けて星野は「あれ僕小学校の時、めちゃめちゃマネしてて、それで友達がいなくなったっていう」「人にめちゃくちゃ体当たりして」とキャラクターのマネをしていたため「全然友達がいなくて」と、同級生から避けられていたと明かし、笑い声をあげていた。

このエピソードにリスナーのSNSでは「あれね、ノリさんのやつおもしろかったよね!」「小学生の頃の切ない話がたくさん出てくる…」「超懐かしい」「正直に話しちゃうとこが好き」と様々な反響が寄せられていた。

星野の学生時代については、過去に元SAKEROCKメンバーの野村卓史が、高校生の星野の印象を「ファンクだったね」「ギターのカッティングがかっこいい人だと思ってて」と明かしていたことがあった。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254