菅田将暉の日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞受賞について父親が心境明かす「ずっと家族で見てきたので…」

2018.3.5 20:20

俳優・ミュージシャンとして活躍する菅田将暉の父親で経営コンサルタントの菅生新(すごう あらた)氏が3日、自身のブログで息子が『第41回 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞』に選ばれた喜びを明かした。

【写真】菅田将暉、中学1年生頃の貴重な3兄弟ショットが公開

菅生氏は「日本アカデミー賞授賞式」というタイトルでブログを更新しており、「日本アカデミー賞授賞式会場へ3時過ぎに駆けつけました!」と書き、「本人には行くとは敢えて言ってませんでした、ので、僕が見ていたのは知らなかったと思います」と、菅田には伝えていなかったと記した。

続けて「そして、何と、まさかの、最優秀主演男優賞発表で宮沢りえさんから『あゝ荒野 菅田将暉!』」「心では願ってはいましたが色々な意味で取れないだろう、と正直思ってました」と振り返った。

そして「いくつかのオーディションで涙をのんで悔しい思いをしてきたのをずっと家族で見てきたので…遂に…涙がじわっと…溢れました…」と心境を語り、「帰ってから本人とお疲れ様&良かったね…」と菅田へお祝いの言葉を贈ったと明かした。

菅生氏は以前にも、自身のブログに中学1年生の頃の菅田と次男、三男が並ぶ貴重な兄弟ショットを公開し、反響を呼んでいた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100