いしだ壱成、あるブームでうつ病になったことを告白。自身の頭髪の話題にも触れる「ちょっとハゲてるかもしれない…」

2017.11.20 21:15
いしだ壱成、あるブームでうつ病になったことを告白。自身の頭髪の話題にも触れる「ちょっとハゲてるかもしれない…」サムネイル画像!
(c)AbemaTV

毎週金曜夜10時からAbemaTVで放送されているレギュラー番組『エゴサーチTV』の11月17日(金)放送回に、いしだ壱成がゲストで登場した。

“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコング西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組だ。

番組冒頭では、ゲストのいしだ壱成が登場するなり、西野が「最近、炎上ばっかりされてるんですか?」といきなり質問を投げかけた。いしだは「炎上ばっかりみたいですね。炎上好きとかそういうのは全く無くて、僕デビューしてから何やっても炎上してばかりで」と、これまでを振り返った。

いしだのウィキペディアを見てみると、“「フェミ男」と呼ばれ支持された”という記載があり、これについては「元々10代の頃って、ガリガリだったんですよ。メンズのSを着ても、ダボダボになっちゃうんで、それでレディースのMかLしか着れなかったんです。」とフェミ男になったきっかけを明した。その後フェミ男は一大ブームとなり、いしだを真似する男性が増えたことについて「自分が日本の真ん中に行くってどういう感じなんですか?自分の一挙手一投足を学生とかが真似するじゃないですか」と西野が聞くと、いしだは「それで鬱病なりました」と即答し、当時の思いを告白した。

デビューのきっかけは?という質問に対し「そもそも僕、間違ってこの業界入ったんで」と話し、父親である石田純一から「役者になれ」と言われ、父親のコンサートの打ち上げに参加したところ、テレビ局のプロデューサーに気に入られたのがきっかけと明かした。西野が「『ひとつ屋根の下』までデビューしてからどれぐらいですか?」と当時人気を博したドラマについて質問すると、「デビューから半年」と答えたいしだに、「半年で月9出れるんですか!?」と驚きを隠せない様子だった。

続いて西野が、「いしだ壱成7つ」で検索すると、「いしだ壱成離婚要因は妻へ7つの掟…守れないと激怒」といった記事がヒットし、それについては「激怒というか、いじけてましたね。怒って『うらー!』とか言った時も、あったかもしれない」と認め、記事にある元奥さんに強要したルーティーンを西野さんが1つ1つ読み上げながら一緒に確認した。中でも西野が気になったのは、“サラダを食べる際に7種類のドレッシングを用意させる”というもので、「例えばこれが6種類だとか、用意できなくて2種類だった場合はどうなるんですか?」と聞くと、いしだは一瞬考え込んでから「非常に険悪なことになりますね」と素直に答え、これには西野も思わず笑ってしまった。

いしだは「僕が蓄積されているのを気づけば良かったんですけど。元妻も、すごく我慢強いタイプというか、言わなかったんでしょうね」と、ストレスに気づけなかった事を反省している様子を見せた。最後に「また結婚されるおつもりはあるんですか?」と聞くと、「いやいや無いです」と即答したものの「結婚はしたいですよ、そりゃあ。掟についてはして欲しいなとは思うんですけど…」と結婚願望や掟の復活をのぞかせた。

番組後半で、西野が「いしだ壱成ストレス」で検索すると、「いしだ壱成、離婚ストレスでハゲ&顔面麻痺に…心配する声」という記事がヒットした。これについては、「ストレスではなく帯状疱疹からくる顔面麻痺と言われました」と話し、「突然顔が動かなくなってしまって、別にストレスとか全然感じてなくて、結構忙しい時期だったんですよね」と説明した。さらに「頭皮にも波及か?みたいに書いてますよ」と西野が記事について触れると、「最近、ハゲ、ハゲもよく言われるんですよ。ちょっとハゲてるかもしれないですけど、そりゃ歳も取りますよ」と告白した。

関連画像

web:172.30.1.254