細野晴臣が語る星野源の音楽性にファン歓喜「この師弟大好き」「萌えるわ」

2017.11.15 20:55

14日に放送された『細野晴臣のオールナイトニッポン』で、細野晴臣星野源に関して話す場面があった。

この日、火曜日のオールナイトニッポンのパーソナリティである星野がお休み中のため、細野がパーソナリティを務めた。

その中で細野はリスナーから来た「星野さんの楽曲を初めて聴いた時、今の星野さんの姿を想像することができましたか?」という内容のメールを読み上げた。これに細野は「いや、できなかったです」と笑い声を漏らし、星野が20代の頃に組んでいたバンド、SAKEROCKの話などに触れ「(星野は)僕の真似をしてたりしてたんですよ、髭生やしたり麻のスーツ着たりね」と、細野の影響を受けていた星野を思い返していた。

そして「今のを聴くと全然僕の影響ないじゃんって思うんだけどね、星野節っていうのがあるから」と語り、現在のソロ曲に関しても「どれも星野節というのを感じますね。キュンとするメロディーラインとコードがあるんです。歌詞もそうなんですけど」と星野の音楽性について話した。

続けて「インストを作るとまたガラッと変わるんで、可能性がいっぱいある人だなと思いますよ」と、称賛を送った。

このエピソードにTwitterでは「細野さんに星野節と言われて、源ちゃん嬉しいと思う」「細野さんから源くんの話が聞けるのは嬉しいな」「細野晴臣さんが源さんの話をしてるの萌えるわ」「この師弟大好き」などの様々な感想が送られていた。

過去には星野が細野のことを語っていたことがある。星野は細野からソロデビューの話をもらい、現在に至っているといい、「恩人と言いますか、お父さんといいますか、師匠と言いますか」と細野の存在の大きさを語っていたことがある。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254