「他人の不幸」が満載?不倫、嫉妬、嫌疑…ドラマ「あなたのことはそれほど」波瑠は「覗き見るような感覚で」

2017.4.11 17:30
「他人の不幸」が満載?不倫、嫉妬、嫌疑…ドラマ「あなたのことはそれほど」波瑠は「覗き見るような感覚で」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

TBS系火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」の第1話試写会イベントが11日、都内にて開催され、出演の波瑠東出昌大仲里依紗鈴木伸之が舞台挨拶に登壇し、作品を演じる意気込みを語った。

同作は、“2番目に好きな人”と結婚した主人公・渡辺美都(波瑠)が、小・中学時代から想い続ける同級生・有島光軌(鈴木)と再会することで始まる大人の四角関係を描いたラブストーリー。穏やかで優しい美都の夫・渡辺涼太を東出が、光軌の洞察力に優れた妻・有島麗華を仲が演じる。

波瑠
波瑠

運命の人だと信じていた初恋の相手に再会した美都役の波瑠は、オファーを受けた際の心境を「『えー、できるかな?』ということが一番最初に抱いた印象といいますか」と明かした。「すごく不安で、私は結婚もしていないし、自分の中からこの作品のために何かを、気持ちといいますか、感情といいますか、リアルなものを動かせるのだろうかという疑問がすごく大きくて、戸惑いが一番ありました」と告白。しかし、撮影が始まると、「不倫をしているというより、単純に恋をしているのです」と、自分の気持ちに素直で積極的な美都のキャラクターを実感しているエピソードを言葉にした。「それもおかしいのですが」とするも、「恋をしている感覚を大事に演じていくことで、美都にリアリティみたいなものを持たせられればなと思いながら今はやっています」と明かした。

波瑠は「『バカだな』と思って観て頂ければ」と語り、「友達の友達くらいの人が不倫などをしていたら、ちょっと話を聞いてみたいと、いけないと分かっているけどなりますし。それを覗き見るような感覚で楽しんで頂けるドラマになればと思って、毎日撮影しています」と語った。

東出昌大
東出昌大

美都を一途に愛する夫・涼太役の東出は、涼太を「奥さんを愛しているのに裏切られて、同情されるべき人なのにそうはうまくいかない」と表現。波瑠が第1話を見終わった観客に「私(=美都)が布団に入って“よくない寝言”を言ったのですが、そのときに、隣でダンナさん(=涼太)があんなに怖い顔をするという部分は私もギョッとしました」と告げていたが、東出は「涼太って、布団を“ドスン”とするじゃないですか。瞬間的にあの“ドスン”をやるというのは、涼太も涼太でものすごくイビツなのです」と解説。「僕一人(=涼太一人)がこのドラマでは悪いわけではないし、嫌われるわけではないし、みんなイビツで、みんな嫌われるところをちょっとずつ持っていると思いますので、腹をくくって、逆に目が離せないという物語になればと思って頑張りたいと思います」と意気込みを言葉に。

鈴木伸之
鈴木伸之

MCから「チャラい」、「女性から見ると最低な男と見られても仕方がない男」など散々な言われ方をしていた光軌を演じる鈴木は、実生活では独身で、「結婚の先の恋愛みたいなものもぜんぜん未知ですし、今後、子どもも登場してくると思いますが、子どももまだいないので」と、同作が挑戦となっていることを明かした。視聴者には「他人の不幸だったり、他人のことを覗き見る感覚で観ていただきたいと思います」とメッセージ。

仲里依紗
仲里依紗

洞察力に優れ、浮気をしている夫を手のひらで転がす麗華役の仲は、地味な外見を作るために「メイクをスーパー薄くして」、「仲里依紗で生きていたら一生着ないであろう服を身にまとい」などと苦労を紹介。「人間って人の不幸が好きじゃないですか。『えっ? マジで? あの人、何なの?』みたいな。女子ってそういう噂話がすごく好きだと思います」と同作の展開を示唆。「このドラマも、観終わった後にお友達と『有島、最低!』というふうに思うと思うのですが、どうか、この4人のことを嫌わないで下さい。にこやかなオフショットをがんばってあげるので!」とジョークを交えて語り、笑いを誘った。

火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)は毎週火曜よる10:00〜10:54。4月18日スタートで、初回は15分拡大放送。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100