乃木坂46秋元真夏、“親友”生田絵梨花の未来を想って送り出した心境を明かす「引き止めたかったんですけど…」

2022.5.16 19:45
乃木坂46秋元真夏、“親友”生田絵梨花の未来を想って送り出した心境を明かす「引き止めたかったんですけど…」サムネイル画像!
乃木坂46秋元真夏、生田絵梨花/(c)E-TALENTBANK

5月15日放送の文化放送『秋元真夏乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』に、乃木坂46秋元真夏が出演した。

【関連】「エモすぎ」乃木坂46秋元真夏、卒業の生田絵梨花との頬寄せSHOTにファン感動「いくまな永遠に大好き」

今回番組では、スペシャル企画として、秋元が選んだ“乃木坂プレイリスト”を発表。その中で秋元は、乃木坂46の楽曲『最後のTight Hug』について「私、乃木坂の曲の中でほんとに、かなり上位に入るぐらい大好きな曲で」「最近の曲ではあるんですけど、ほんとに1番思い出深いんじゃないかなっていうぐらい沢山の思い出が詰まってます」と話を切り出した。

続けて秋元は、「これは生田絵梨花ちゃんがセンターを務めて卒業の曲にもなったんですけど、この曲で私フロントメンバー務めさせてもらって」「いくちゃんとすっごい仲が良かったので。今もね、ほんと連絡をしょっちゅう取るぐらい親友として仲が良いんですけど」とコメント。

また、「振り付けで、『抱きしめるしかなかった』っていう歌詞のところでいくちゃんと抱き合うシーンがあったりとか」「今までの過去の、最初の頃の乃木坂の曲とかはそういう物語っていうよりは、みんなで曲を見せるっていうパターンが多かったんですけど」「この曲は人と人との関係性とか。私といくちゃんの今までの思い出とかを詰め込んでもらった曲かなというふうに私は感じていて」と話した。

そして「特に歌詞で言うと2番のサビが大好きなんですよ」「私はいくちゃんに歌ってると思って歌ってたんですけど、『引き止めちゃいけないんだ 僕だってわかっているよ 君の未来を変えてしまうことは できないってこと』っていう歌詞がめちゃくちゃいくちゃんが卒業するのを引き止めたかったんですけど、やっぱり仲がいいからこそ自分の夢のために頑張ってるって姿を知っていたし、その夢を止めてはいけないってことでちゃんと送り出さなきゃなっていう気持ちを込めてこの歌詞もね、歌ってました」と語っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254