麒麟・川島、“テレビで言ったらダメ”と反省した発言明かす「見てくれたんでしょうけど…」

2022.2.23 8:30
麒麟・川島、“テレビで言ったらダメ”と反省した発言明かす「見てくれたんでしょうけど…」サムネイル画像!
麒麟・川島明/(c)E-TALENTBANK

2月21日深夜に放送されたフジテレビ系『魔女に言われたい夜~正直過ぎる品定め~』に、麒麟川島明が出演した。

【関連】麒麟・川島、コロナ感染拡大で『ラヴィット!』出演者に大打撃?「誰がレギュラーかも…」

番組冒頭のトークで、川島は「僕の個人の感想ですけど、美容院の会話って全く意味がないと思ってて。あんまりお互い本気で話すことないじゃないですか。どっちもが気を使ってるっていう感じで」「じゃあって言って、スマホでいろいろ見たいけど、ここ(後ろ)に人がいるから、LINE画面も見られるの嫌やし」とコメント。

続けて、「僕は苦手…っていう話をテレビでしたんですね、深夜の番組で。で、2週間後ぐらいに行きつけの美容院に行ったらなんかもう…」「それを見てくれたんでしょうけど(頭を下げるだけで)『いらっしゃいませ』ももう言わない」と回想。

そして「今まで『最近忙しそうですね』とか言ってくれたのにそれもなく無言で切ってくれて、ドリンクのサービスとかもメニュー表を…(指で指す仕草)」とジャスチャーのみで対応されたことを明かし笑いを誘った。

その上で、「さすがにそれは喋っていただいて結構ですので」「こんなことあんまりテレビで言ったらだめなんだなって」「気を遣わせてしまった。ほんと悪かったな」と話した。

関連画像

関連ワード

web:172.30.1.100