「今の日本は完全に遅れている」GACKT、日本の子育て環境に対し意見に「よくわかります」「全くもって同感」

2017.2.9 17:43

6日、GACKTは自身のブログで日本での子育て環境について意見を綴った。

「有能な人達の海外への流出。」というタイトルで更新された記事で、仕事仲間から海外への移住を考えていると相談を受けたと綴るGACKTは「年々、移住者が増えるのは海外の環境が整っているということはもちろんなんだが、それ以上に日本の環境が良くなっていないということにも問題がある。」と書き始めている。

現在の日本では母親一人が炊事洗濯掃除の家事全般をこなしており、かつ子供の面倒や世話、そして教育をしていることを挙げ、女性がまともに子供を教育できる体制にないため、少子高齢化社会を作り上げていると自分の考えを述べた。

海外では、ナニー(母親に代わって子育てをする女性)やメイドの体制が整っており、だからこそ子供たちや自分の時間により時間を費やすことができる利点を挙げ、「家事をメイドがやれば、その分の時間は子供達に注ぐことだってできる。ナニーが居れば、自分の時間を見つけてリフレッシュすることもできる」と綴り、「今の日本は完全に遅れている」と続けた。

GACKTは「有能な日本人がどんどん海外に流出する。もったいないことだ。」とブログを締めくくっている。

ブログのコメント欄には「私自身も子供が2人いるのでガクトさんがおっしゃってることが、よくわかります。」「全くもって同感で、GACKTさんがそんなこと考えて下さってるなんて、感激しました。」「GACKTさんの言葉、ストレートに心に響きます。」と、GACKTの日本の環境についての意見に反響が寄せられている。

現在GACKTは海外で生活をしており、昨年7月10日には親交の深い浜崎あゆみのために、ライブツアー「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A 〜M(A)DE IN JAPAN〜」最終日にサプライズで登場するために帰国したことがある。

関連画像

関連ワード

web:172.30.1.100