マルシアが、過去に“ブチギレ”た芸能人を実名告白。「ご迷惑もかけまして…」

2017.1.24 21:02
マルシアが、過去に“ブチギレ”た芸能人を実名告白。「ご迷惑もかけまして…」サムネイル画像
©E-TALENTBANK

23日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で、歌手のマルシアが過去にキレた相手を実名で明かすシーンがあった。

マルシアは、ブラジル生まれの日系3世で、作曲・作詞家の猪俣公章のスカウトがきっかけで芸能界デビューを果たす。デビュー曲「ふりむけばヨコハマ」が大ヒットし、NHK紅白歌合戦の出場経験も持つマルシアだが、近年はその歯に衣着せぬ物言いが受け、バラエティー番組にも数多く出演している。

そんな彼女だったが、芸能界にデビューしてからほぼ休みのない多忙な生活を過ごすなかで、「キレやすい」人格が形成されてしまったことを明らかにした。

さらにマルシアは芸能界でのブチギレエピソードを、相手の実名をあげて告白。ブチギレした相手の1人目にデヴィ夫人をあげたマルシアは、番組で共演した際に隣に座ったデヴィ夫人から「誰、この子」と言われたことに腹を立て、楽屋へ帰ろうとしたという。「私のことも知らないで、ってちょっとイライラして」と振り返るマルシアは、撮影後にデヴィ夫人が謝罪してくれたとも明かし、マルシアは改めてカメラに向かい謝罪していた。

マルシアは続けて、タレントのさとう珠緒にもブチギレてしまったことがあると語る。海外でのロケ中、さとうから「このおばさんうるさいんですけど」と言われた際に、「あんたもババアになるからな!」と言い返したのだそう。「もしかしたら彼女は番組側に(失礼な発言をするよう)言われたかも」と反省する姿を見せた。話題の最後には「当時の珠緒ちゃん、本当に色々とお世話になりまして、ご迷惑もかけましてごめんなさいね」と、さとうへのメッセージを送っていた。

そんな当時のキャラの一方で、昨年放送された同局系「アウト×デラックス」では、マルシアが「筋肉痛」や「時差ぼけ」など、さまざまなものへの感謝の気持ちをブログやSNSに書き綴っているということが取り上げられた。元夫の大鶴義丹の浮気事件についても「彼には感謝している」とコメントするなど、現在は身の回りの人への感謝の気持ちを持ちつつ芸能活動を行えているようだ。

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100