かまいたち山内、思いがけず“好感度が上がった”出来事とは?「危なかった~」

2021.7.13 20:30
かまいたち山内、思いがけず“好感度が上がった”出来事とは?「危なかった~」サムネイル画像!
かまいたち・山内健司/(c)E-TALENTBANK

7月12日放送のTBSラジオ『かまいたちのヘイ!タクシー!』にて、かまいたち山内健司が、プライベートでのエピソードを語った。

【関連】かまいたち山内、子育てに関する妻の“地雷”明かす「アカンねや…」

番組の中で、山内は、先日仕事が早めに終わって銀座に出かけた際、ルイ・ヴィトンのTシャツ、別ブランドのセットアップという服装でつけ麵を食べに行った時のエピソードを話し始めた。

山内は、つけ麵のスープがルイ・ヴィトンのTシャツに跳ねることを危惧し、上に着ていたトップスのボタンを全て閉めて食事していたというが、隣に座っていた男性客が誤ってスープをこぼしてしまい、山内のトップスにもかかったと振り返った。

その上で、「向こうは、『あ!すいません!』って反射的に言ってはって」「(Tシャツを)ガードしてよかった気持ちのほうが勝ってたから」「『全然全然、大丈夫です』ってとりあえず言って、その日終わったんですよ」と説明。

続けて、翌日“かまいたち 銀座”というワードでSNSで検索したと話すと、「その人(スープをこぼした客)のたぶん友達やと思うねんけど、『俺の連れが昨日つけ麵屋さんで、隣のかまいたちの山内に思いっきり汁かけたのに、山内怒らなかったらしい。それ聞いてめっちゃ好きになった』って」と投稿の内容を明かした。

そして、「よかった~。怒ってたら危なかった~と思って」「Tシャツやったら怒ってた」と冗談まじりにコメントして、笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

web:172.30.1.100