成田凌、“女子と距離を置いていた”中学時代を明かす「ちっちゃかったんで…」

2021.3.16 20:10
成田凌、“女子と距離を置いていた”中学時代を明かす「ちっちゃかったんで…」サムネイル画像
成田凌/(c)E-TALENTBANK

3月15日に放送された『激レアさんを連れてきた。』に、成田凌がゲスト出演した。

【別の記事】成田凌「女の子連れて…」若手時代のエピソードにネット反響「なんてイケメン…」

スタジオでは、“激レアさん”として紹介されたモデル兼プロキックボクサーである高橋アリスの中学時代の口癖が「殴るぞ」だったという話から、成田の中学時代の話題となった。

成田が、「めちゃくちゃちっちゃかったんで、僕」と当時を振り返り、「僕んちとかに、女子バスケット部の子が、ちょっと勝手にチャリンコとめたり…」と明かすと、スタジオでは「可愛い話」「なんか悲しい」と笑いが起きた。

その上で、成田は、「もうあんま…女子に近づかなかったですね」と話した。

さらに、高橋のような同級生がいたらどうかという質問には、「隣の席だったらもうこっち側だけビショビショになってるかもしれない」と高橋に面している方だけ汗まみれになるかもしれないとコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254