霜降り明星・せいや「ほんまに警察来て」自宅にパトカーが出動してしまった出来事を明かす

2021.3.10 20:40
霜降り明星・せいや「ほんまに警察来て」自宅にパトカーが出動してしまった出来事を明かすサムネイル画像
霜降り明星・せいや/(c)E-TALENTBANK

3月9日、フジテレビ系『乃木坂46のザ・ドリームバイト!』に霜降り明星せいやが出演した。

【別の記事】霜降り明星せいや、自宅に女性用に準備している“あるもの”を明かされ赤面

番組中、“声優志望の女性が早朝の新聞配達中に無意識にセリフ練習をしてしまい、一般人に「大丈夫ですか?」と苦笑いされてしまった”という話題を受け、せいやは「(セリフ)練習どこでするんかってなってくるよね」とコメント。

続けてせいやは「俺ドラマ出てて」と、2020年に出演したTBS系ドラマ『テセウスの船』で凶悪殺人犯役を熱演したことを振り返り、「結構セリフがハード過ぎて家で『殺す殺す』みたいな練習してたらほんまに警察来て」と話すとスタジオは驚きに包まれた。

そしてせいやが「隣の人に通報(されて)。『隣の人が揉めてます』とかいうて」「ドラマに出てくるパトカーの台数より多いパトカー」と話すと、出演者からは「とんでもないですね」と声が上がっていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254