千鳥・大悟、千原せいじを“怖い”と感じる瞬間を明かし、せいじ「それめっちゃ言われる」

2021.2.25 6:00
千鳥・大悟、千原せいじを“怖い”と感じる瞬間を明かし、せいじ「それめっちゃ言われる」サムネイル画像
千鳥・大悟/(c)E-TALENTBANK

2月23日、フジテレビ系『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』に千原兄弟(千原ジュニア・千原せいじ)が出演した。

【別の記事】千鳥・大悟、小5の娘の“恋愛”に対し父親としての心境を吐露「どんな男でも…」

番組中、千原ジュニアは、千原せいじが“せっかち過ぎる”として「コントの衣装着替えるの早すぎひん?」といい、出番の8組前からコントの衣装に着替えて待っていると話し笑いを誘った。

さらに千原ジュニアは「新幹線も(席)立つの早いねん」といい「新大阪で降りるのに京都過ぎたあたりでもうゴソゴソし出す」と話すと千原せいじは「それが俺のリズムやねん」「走るのとかがむちゃくちゃ嫌やねん」といい早め早めに行動していると説明した。

それを聞いていた千鳥大悟は「それ早いくせに喋ってる時の“間”長くないですか?」といい、千原せいじが相手に話を振った後に沈黙し、その“間”が長い様子を再現すると大悟は「『怖っ!わしの番?どっちの番?怖っ』ってなる時ある」と話すと千原せいじは「それめっちゃ言われるわ」とコメントしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254