Creepy Nuts・DJ松永が“超地獄”と感じたバラエティの裏側とは?「スタッフが急に…」

2021.1.19 20:20
Creepy Nuts・DJ松永が“超地獄”と感じたバラエティの裏側とは?「スタッフが急に…」サムネイル画像!
Creepy Nuts・DJ松永/(c)E-TALENTBANK

1月18日深夜、テレビ東京系『プレミアMelodiX!』にCreepy NutsDJ松永と南海キャンディーズの山里亮太が出演した。

【別の記事】Creepy Nuts・DJ松永、“恋愛経験なし”と明かしスタジオ「気をつけた方がいい…」

番組の中では今回、松永が出演した回の未公開トークが放送され、この中でバラエティ番組への出演に対する悩みを語る場面があった。

松永は「『あ、たぶんここ使わねえな』と思う収録の時、スタッフが急に無の顔しません?あれなんなんですか?使わないとしても乗ろうぜって思いません?超地獄じゃないですか」「『早くこの時間過ぎないかな』みたいな感じで。超ロボットじゃん」と、収録中のスタッフの態度について言及。

これに山里は共感しつつ「で、台本のワードに戻った瞬間に『ハッハ!』って(笑い声を上げる)」とスタッフの行動を再現し、松永が「そんな人の笑い声に乗れないですよ!」と声を上げると、山里は「ピュアなのよ、松永は」「俺なんか、それでわかる。今いらねえんだって思ったら、ピタッて(話すの)止めるから、急に。で、(スタッフの)『ハッハ!』を待つから」と明かし、松永からは「人間の仕事しましょうよ、お互い」とツッコミを入れていた。

関連画像

関連ワード

web:172.30.1.254