嵐・大野智の“普通の人”としての魅力をヒロシが語る「すげぇ人なんだけどさ…」

2020.12.1 6:10

11月28日、日本テレビ系『嵐にしやがれ』に嵐・大野智とヒロシが出演した。

【別の記事】嵐・大野智、後輩への“気遣い”にスタジオから絶賛の声「優しい」「いい先輩」

今回番組では、ヒロシと大野が無人島でソロキャンプをする企画を放送。その中で大野は「この半年間で急激に色んなことをさせてもらったよね。キャンプというものだけで言っても」とコメント。

それを受けてヒロシはこの企画について、「コロナでね、こういうご時世になって苦し紛れにソーシャルディスタンスで屋上で無理くりキャンプロケやったってイメージなのね。俺はそれで終わりだと思ってるから」「まさか無人島来るなんか思ってないし、ましてや(大野と)友達になるとは思ってなかったし、こんなこと人生でなかったからね」と発言。

大野が「衝撃的な出会いって僕もあんまりないからな」といい、ヒロシが「大野さんがなんで衝撃なのかようわからん、だって色んな素晴らしい人と会ってるわけで」と振ると、大野は「いや、やっぱりね…言葉では伝わらないんですよ」と、ヒロシとは波長が合うと話した。

そしてヒロシが「まだそんなさ、浅いけどさ付き合いは。(大野は)すげぇ人なんだけどさ、すげぇ普通の面を持ってるんだよね」と話すと、大野は「俺ね普通だからね。何が普通かもう自分ではわからないけど、俺は普通だと思ってる自分のこと」「だから、わかりやすく言ったらね芸能人って、俺らにとっちゃ普通じゃないのよ。凄いなって思う」とコメント。

ヒロシは大野といる時に「普通で俺いれるもん」「あ、そうだ俺が普通でいれるんだ。これが答えだ」といい、大野は「俺も普通でいれる。これが居心地がいい、合う」と話していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254