劇団ひとり、所属事務所の給与体系を変化させた“ある芸人”の存在明かす「社長のところに行って…」

2020.11.28 18:30
劇団ひとり、所属事務所の給与体系を変化させた“ある芸人”の存在明かす「社長のところに行って…」サムネイル画像
劇団ひとり

11月26日、日本テレビ系『「任意同行」願えますか?』に劇団ひとりが出演した。

【別の記事】劇団ひとり、“妻をネタにする”にあたっての持論を語る「命懸けで…」

番組の中で、共演者のファーストサマーウイカが「(給料制で)年相応の、普通の会社員の人とあんま変わらないから」と自身の収入事情について語る場面があった。

これを受け、劇団ひとりは自身の所属する太田プロダクションについて「全芸人が給料制だったとき、いわゆるボキャブラブームってのがあったの」と切り出すと、「いっぱいの他の芸人が稼いでる中、太田プロ(の芸人)は全然稼いでないっていうので土田(晃之)さんが怒って」と回想。

さらに「土田さんが社長のところに行って直談判したの。で、次の月からみんな歩合制になって、ウハウハになったの」と土田晃之の行動により、歩合制に変化したことを明かしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254