三代目JSB岩田剛典&NAOTO、生放送本番での“ハプニング”明かす「頭真っ白に…」

2020.11.26 17:50
三代目JSB岩田剛典&NAOTO、生放送本番での“ハプニング”明かす「頭真っ白に…」サムネイル画像
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・岩田剛典/(c)E-TALENTBANK

11月26日放送の日本テレビ系『ZIP!』に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEがVTR出演。メンバーのNAOTOと岩田剛典が、25日に出演した生放送の音楽特番『ベストアーティスト2020』でのエピソードを語った。

【別の記事】三代目JSB・NAOTO、岩田剛典からの誕生日プレゼントに「お宝&苦情みたいな…」

同番組で、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEは、新曲の「RISING SOUL」を披露。インタビューでは、事前にパフォーマンスのどこかに取り入れたいと話していた“ZIP!ポーズ”について、実際に本番で披露していたのは小林直己だけという話題になった。

インタビュアーが、他のメンバーに、「正直忘れてらっしゃったって感じですかね?」と投げかけると、NAOTOは、「“絶対やるぞ!”って瞬間に、一列になって一発目のボンッて出る時に、めっちゃ岩ちゃんの足踏んじゃって」と、本番中のハプニングを明かした。

続けて、「その時にグキッていって、もうそれどころじゃない」と振り返ると、これに岩田も、「俺も“コケたらどうしよう”と思って、ちょっとその後、けっこう頭真っ白になっちゃって」と話していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100