尾上松也「“半沢歌舞伎”なんて言われてましたけど…」先輩・市川猿之助の“タフさ”明かす

2020.11.25 10:00

11月24日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、尾上松也がVTR出演。TBS系のドラマ『半沢直樹』で共演した、先輩の市川猿之助のエピソードを語った。

【別の記事】尾上松也が語る“結婚したい理由”に共演者ツッコミ「全てが不純」

VTRでは、映画『ワンダーウーマン 1984』のファンイベントに登場した尾上らに対し、“ヒーロー界最強”と呼ばれる主人公のキャラクターにちなみ、“周りにいる最強の人は?”という質問が出された。

これに対して、尾上は、「ここ最近で言うと、先輩の猿之助さんですかね」と切り出し、「“半沢歌舞伎”なんて言われてましたけど」「僕だと、“そんなふうに見えてたかな?”とか、気にしちゃうほうなんですけど」と話し始めた。

続けて、「いち役者として、後輩として、なんであんなことができるんだ?っていうことでですね、僕もう伺ったんですよ。純粋にね」「そしたらおっしゃってたのが、『他人の評価なんて気にしないよ』と」「『関係ないよ。言わせときゃいいんだよ』って言ってました」と明かした。

さらに、「『別にどうだっていいんだよ!』みたいなこと言ってましたのでね」「そのタフさが、今後見習わなきゃいけないなという意味では、“先輩最強!”と思いましたね」とコメントした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254