山崎育三郎『エール』撮影中の“ハプニング”にスタジオ爆笑「床がつるんつるんで…」

2020.10.30 17:40
山崎育三郎『エール』撮影中の“ハプニング”にスタジオ爆笑「床がつるんつるんで…」サムネイル画像
(c)Masayuki Kusakari

10月30日放送のNHK『あさイチ』に、山崎育三郎が生出演。現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』の撮影エピソードを語った。

【別の記事】中村蒼、朝ドラ『エール』山崎育三郎との演奏シーンを振り返る「自分もプロになった気分」

『エール』では、窪田正孝演じる主人公の古山裕一の幼なじみ・佐藤久志を演じている山崎。番組では、撮影中のハプニングとして、久志が自身の壮行会にやってくるシーンが取り上げられ、登場するやいなや転んでいることがネットで話題になったと紹介された。

このシーンについて、他の出演者から、“演出の1つだと思った”という声があがると、山崎は、「あれはもう、本当にわざとじゃなくて。カッコよく登場で、踊りながら入ってくるっていうト書きが(台本にあった)」と説明。

続けて、「すーっと滑り込んでターンしてセリフを言おうかな、っていうのを自分のアイディアで練習したんですけども、思った以上に床がつるんつるんで…」「僕も靴下履いてましたので」として、床で足を滑らせて転んでしまったことを振り返った。

そして、「みんなが笑っちゃって」「やり直しってなって、もう1回撮ったんですよ。その時はくるっと回って決まってOKって出たんで、僕はそれを使われると思っていて」「オンエア観たら転んでいたので、“なんでこれを使ってるんだ”と」と明かして笑いを誘い、「ホントに転んで、肘が痛かった」「使われたの、僕が1番びっくりしました」とコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100