霜降り明星せいや、リモート収録ならではの苦労明かす「画面フリーズして…」

2020.5.26 6:30
霜降り明星せいや、リモート収録ならではの苦労明かす「画面フリーズして…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

5月22日深夜放送のテレビ朝日系『爆笑問題のシンパイ賞!!』に出演した霜降り明星・せいやが、リモート収録にまつわるエピソードを語った。

【別の記事】霜降り明星・せいや、驚きの扱いに心境吐露「M-1取ったのに…」

番組の中で、せいやは「家でずっとおって、ギャグ作ろうと思って」「研究したんですよね。自分なりに、休みの間に」と切り出し、過去に流行した“ガチョーン”などの“古典ギャグ”を例として挙げた上で「意味のないギャグってめっちゃ流行るんすよね」「簡単なんすよ」とコメント。

続けて「それを僕なりに結構研究して」「自粛中に、意味ないけど昔っぽいギャグができたんですよ」と明かし、「あーりょーん」と言いながら、右手を上の方に上げ、左手は左方向に伸ばすようなポーズをとる新ギャグを披露した。

その後、リモート収録の番組の中で、ギャグを振られる機会があったとして「ここや!(と思って)『あーりょーん』ってやったら、めちゃくちゃスベって」「画面フリーズしてずっとこの状態」として、ギャグのポーズのまま画面が止まってしまったと振り返り、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254