さまぁ~ず大竹一樹、妻・中村仁美と子どもとの最近の生活語る「当然起こされて…」

2020.5.12 20:10

5月11日深夜放送のテレビ朝日系『さまぁ~ず×さまぁ~ず』に出演したさまぁ~ず大竹一樹が、妻・中村仁美と子どもとの生活を語った。

【別の記事】さまぁ~ず大竹、妻・中村仁美の出産を振り返る「俺たちは家で…」

大竹は、自身の最近の生活について「朝はもう当然(妻に)起こされて」「(朝)8時かな。何もないのに8時」と切り出し、妻の中村から「ご飯食べないとずーっと寝ることになるよ」などと言われて起こされることを明かし、周囲の笑いを誘った。

さらに「1番ちっちゃい10ヶ月ぐらいのあいつ(三男)が高速ハイハイだから」「顔パンパンやってくる」として、生後10ヶ月ごろの三男に顔を叩かれることもあると説明。さらに「カミさんが(三男を)送り込んだりしてるんだよね、俺の方に。自分がバックレたいから」「『お父さんのとこ行きな』みたいな」と語った。

また、家族での食事の場面では、妻の中村が離れると三男が泣き出してしまうので、大竹が“いないいないばあ”をしてあやしていることを明かした。そして「(三男が)すげえ笑う」「カミさん帰ってくるまでつなぎでやってるんすよ」「飯のシーンが1番テンション上げてるね」と話していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254