しずちゃん、元々は“アイドル志望”だった「モーニング娘。のオーディションとか…」

2020.5.11 20:40
しずちゃん、元々は“アイドル志望”だった「モーニング娘。のオーディションとか…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

5月10日放送のフジテレビ系『ボクらの時代』に、南海キャンディーズ・しずちゃんこと山崎静代が出演した。

【別の記事】南キャンしずちゃん、共演者からの蒼井優いじり?に「勘弁して…」

今回番組には、山崎、フォーリンラブ・バービー、メイプル超合金・安藤なつの3人がリモート形式で出演し、さまざまなトークを展開。この中で、“芸人になろうと思ったきっかけ”についての話題になった。

山崎は「私は短大まで普通に行って、その後ちょっと病んでたというか」「鼻にピアス開けて、髪も青くして、やさぐれてた」と自身の過去を振り返り、「その時の口癖が“地球なんか滅びたらいい”っていう」と振り返り、笑いを誘った。

続けて「そんな時期があって、この先どうしようっていう時にやっと動き出したのが、最初、劇団の養成所に入ってから」「元々1番最初はアイドルになりたかったから」と明かし、「物心ついた時に、“アイドルなるんねや”って」「おニャン子クラブを見て、“私はあんなんになるぞ”とずっと思ってて」と語った。

さらに「モーニング娘。のオーディションとか応募したりはしてんけど」と明かすと、バービーと安藤は「すごい」と驚きの声をあげた。そして、山崎は「そういうところに行けば、なんか普段と違う自分になれんのかな、とか勝手に思ったりしてて」とコメントした。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254