さまぁ~ず大竹一樹、妻・中村仁美が行う“家ダンス”明かす「奥のほうから…」

2020.5.5 20:30

5月4日深夜放送のテレビ朝日系『さまぁ~ず×さまぁ~ず』に出演したさまぁ~ず・大竹一樹が、妻・中村仁美のエピソードを語った。

【別の記事】さまぁ~ず大竹、妻・中村仁美の出産を振り返る「俺たちは家で…」

番組の中で、相方の三村マサカズが“家の中で踏み台昇降してトレーニングしている”と話した流れで、大竹は妻の中村について「『ダンスやろう!』って言って、ダンスビデオみたいのを購入した」「TRFの」と切り出した。

続けて「俺は拒否してんだけど」「子どもはもう全然乗ってないから」として、大竹や子どもたちは消極的だと説明。その上で「別の部屋に(中村以外の)全員で行ってたら、奥のほうからパチン!だけ聞こえてくる」と、1人でダンスをする中村の手拍子が聞こえてくると話し、笑い声をあげた。

そんな大竹は、以前ラジオ番組に出演した際、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、番組収録など、多くの仕事が無くなっていることを説明した上で「ずっと家にいんの」「あと、家でずーっと立ってんの」「これ言うと怒られるんだけど(妻に)『家は休むとこじゃないから』っていう名言を吐かれたことあったから」などと明かし、周囲の笑いを誘っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100