オードリー若林、番組の台本で指示されている内容に言及「台本というか予言だよね!」

2020.4.18 18:45
オードリー若林、番組の台本で指示されている内容に言及「台本というか予言だよね!」サムネイル画像
オードリー・若林正恭

4月16日深夜、日本テレビ系『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』にオードリーの若林正恭と春日俊彰が出演した。

【別の記事】オードリー若林、既読スルーをしない数少ない先輩芸人明かす「その3人以外なんとも思わない」

番組では今回、ローカル番組のプロデューサーやタレントらが出演。この中で台本について話題が展開されると、ゲストらから“東京の番組ではしっかりした台本が用意されているのか”といった質問が飛ぶシーンがあった。

この質問に、春日と若林は「一応、まあありますよ」といった言葉で肯定し、若林は「なんならこのロケの行った先のやりとりもセリフで書いてありますもん」と付け足した。

さらに若林は「春日に無茶ぶりして、春日がちょっと軽く滑る、みたいなことまで書いてある」と台本の内容についても明かした。

これを受けて春日も「そうなんですよ!あるある、だからカンペをちらっと見えちゃって、『この後無茶ぶりされるんだ、そしてそのあと滑るんだなあ』とか…」と、番組の展開がカンペでわかってしまうと話すと、若林は「台本というか予言だよね!」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100