みちょぱ、モデルを務めた『Popteen』卒業時の心境を懐古「自分から…」

2020.3.31 6:30
みちょぱ、モデルを務めた『Popteen』卒業時の心境を懐古「自分から…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

3月29日深夜放送の日本テレビ系『暇人ラヂオ~hi-IMAGINE RADIO~』に、みちょぱこと池田美優が出演。過去にファッション誌『Popteen』のモデルを卒業した際の心境について語った。

【別の記事】みちょぱ、グラビア撮影をやらないと決めている理由明かす「嬉しいんだけど…」

番組の中で、“卒業の思い出”について話を振られると、池田は「私の中では『Popteen』っていう雑誌が1番最近だし」と切り出し、「学校が通信(制)だったんで、高校は」「女子高みたいな、学校に行く!みたいな感覚だった」「私は『Popteen』の卒業が1番“卒業”って感じがしたかなあって思います」とコメント。

また、当時の心境について「“もういちゃダメだな”とか、“後輩に託さなきゃな”とか、いろいろそういう思いもあって。自分からやっぱ言うわけなんで」「一応ティーン誌なんで、やっぱ10代のうちに卒業しとこうってなって。18、19(歳)ってだんだん近づくにつれて、“あ、そろそろだ。そろそろ自分の番が来た。どんどん上の人もいなくなった。1番上だ”みたいな…なっていきますね」と振り返っていた。

これを受け、他の出演者が「みんな一斉に卒業したんですか?」と質問すると、池田は「(藤田)ニコルが先でしたね。ニコルが年齢も1個上なんで」「ニコルがいって、じゃあ次あたしかぁ…みたいな感じで、どんどん卒業してった」と答えていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254