山里亮太、オードリー若林の“ある能力”を絶賛「司会やりまくっての技か…」

2020.3.20 18:15
山里亮太、オードリー若林の“ある能力”を絶賛「司会やりまくっての技か…」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

3月18日深夜放送のTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』に出演した南海キャンディーズ山里亮太が、オードリー若林正恭を絶賛する場面があった。

【別の記事】南キャン山里、“勝てないなと思った天才”の名前明かし「敵わないよ、あんな人」

番組の中で、山里は、先日若林と東野幸治と3人で食事をする機会があったことを報告。「言っても“共通の知人”みたいな感じで、私が一応橋なわけじゃない?」「急いで行かなきゃなんて思ってたらさ」と振り返った上で、当日は道に迷ってしまい、山里が最後の到着になってしまったことを説明した。

山里は「ガラッと入った時の空気感的に(東野と若林は)お互いどっか人見知り同士の2人が妙な空気感だった」「これはいかん、と」「ここで共通の知人としては、2人の間を取り持つために、ぐるんぐるんにいろいろ話をしなきゃいけないんじゃないか、そう思って」と話し、場を盛り上げようと努めたことを明かした。

しかし「若ちゃんが、東野さんに昔のことであったりとか、テレビでの立ち振る舞いとかの質問をするわけ」「本当にこの2人この話今日したかったんだろうな、聞きたかったんだろうな、っていう話の交換が始まるわけ」として、若林の質問によって、2人のトークが盛り上がっていったことを話した。

その上で、山里は、過去に若林らと共演したトーク番組も振り返りながら「若ちゃんってなんて質問力のある人なんだろう」「場を展開させる質問の置き方がすげえな」「これがゴールデンとかで司会やりまくっての技か」などとコメントし、若林を絶賛していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254