霜降り明星・粗品、ドラマ撮影で監督から“怒られたこと”明かす「無意識のうちに…」

2020.2.24 18:00
霜降り明星・粗品、ドラマ撮影で監督から“怒られたこと”明かす「無意識のうちに…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

2月23日放送の日本テレビ系『シューイチ』に、霜降り明星粗品とせいやがVTR出演。粗品が、現在出演しているドラマの撮影秘話を明かした。

【別の記事】霜降り明星・粗品、現在の貯金額を明かしスタジオ驚き「今の所…」

VTRでは、現在粗品がフジテレビ系のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』に出演し、さらにせいやもTBS系の日曜劇場『テセウスの船』に出演していることから、2人が俳優としても活躍しているという話題になった。

この中で、インタビュアーから「どうなんですか?演技というのは」と質問された粗品は「やっぱり初挑戦なので、難しいですね」と切り出し、「1回監督に怒られたんですけど、刑事役で、取り調べのシーンがあって」「ベタに『お前がやったんだろ!』みたいな、声を張り上げるシーンがあったんです」と話し始めた。

続けて「監督からカット(かかって)『粗品さん、ちょっと…あの、手が…』って言って」「僕、無意識のうちにこうやってた」として、粗品がツッコむ時の手を出す動作をしてしまっていたと明かし、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254