ミルクボーイ、賞レース1回戦落ちを経て挑戦した「誰もやってない」漫才とは?

2020.1.30 20:10
ミルクボーイ、賞レース1回戦落ちを経て挑戦した「誰もやってない」漫才とは?サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

1月30日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、ミルクボーイ駒場孝内海崇がVTR出演した。

【別の記事】M-1王者・ミルクボーイ、菅田将暉からの“ある言葉”明かし「ひっくり返ったな」

VTRの中で、ミルクボーイは、かつて賞レースの1回戦で落ちてしまったことから、新しい漫才に挑戦しようと考え、漫才中に“あること”をするようになったとして「逆立ちをした」と明かした。

続けて、内海は「僕が逆立ち出来る出来るって言って、なかなか出来へんみたいなことをやりまして」「やってる最中も汗かきすぎて、汗がポトポト落ちてましたからね」と説明した。

さらに、駒場は「僕は運動ができますみたいな感じで(内海が)僕も出来るよみたいな言い出す漫才」と補足を加え、「新しいだけで別に全然ウケへん」と話して笑いを誘い、内海も「誰もやってないだけで」とコメントしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100