「10年後やってないと思ってた」三代目JSB・小林直己、グループ活動への“本音”を明かす

2019.12.28 18:30
「10年後やってないと思ってた」三代目JSB・小林直己、グループ活動への“本音”を明かすサムネイル画像
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

12月26日、TBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』に小林直己(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が出演した。

【別の記事】三代目JSB・NAOTO、ダンサーの道に進んだ“分岐点”振り返る「ボクシングやりたくて…」

番組では今回、来年で結成10周年を迎える三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが登場し、グループに対する自身の本音をメンバーらが告白し合うシーンがあった。

この中でグループのリーダーをNAOTOと共に務める小林は「正直俺、10年後やってないと思ってた、三代目」と切り出すと「それはやっぱりこういう世界だし、10年同じ仲間と楽しい事やってられるなんて思ってなかった」と振り返った。

続けて「でもそれを現実にしたのはこの7人だからだと思うし、1人1人から学びました」とメンバーへの思いを明かし、「NAOTOさんは特に、1番一緒にいるから1番信じてるし、これからも共に歩んでいきたいなと思ってます」と語ると、NAOTOは涙を見せていた。

小林は最後に「みなさん、本当に愛してるぞー!!」と叫び、メンバーらが笑顔で拍手をおくると、スタジオからは「良いグループだなあ」といった声が上がっていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100