蒼井優、女優として20代から変化したこととは?「どうしたって後輩が出て…」

2019.12.26 17:50

12月26日、日本テレビ系『スッキリ』に蒼井優が出演した。

【別の記事】オードリー若林、蒼井優の南キャン山里“送迎”に驚き「あの男は…」

番組の中で14歳でデビューをしたと紹介された蒼井は、女優の仕事について「年々緊張するようになってる気はします」と切り出し、「20代半ばぐらいの方が全然緊張してなかった気がするんですけど」と振り返った。

続けて「30(歳)超えてから、また緊張するようになりました」と語り、他の出演者から「それは何が違ったんですか?」と聞かれると「たぶん、10代、20代で自分がすごいカッコイイと思って見ていた先輩の年齢にものすごいもう近い」「あの先輩方は、もう30代であの芝居してたんだよな、と思ったら、全然だなって思って落ち込んだりとか」と心境を明かした。

また、「泳がせてもらってた立場から、泳がせる側に回るじゃないですか、どうしたって後輩が出てきちゃうから」と話すと、「あの時の先輩たちってもっとしっかりした水槽を作ってくれてたなって」と先輩としての立場についても語っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100