伊藤健太郎、“浮気のボーダーライン”について持論「自分がされて嫌って思ったら…」

2019.12.18 6:50
伊藤健太郎、“浮気のボーダーライン”について持論「自分がされて嫌って思ったら…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

12月16日深夜放送のニッポン放送『伊藤健太郎のオールナイトニッポン0』に出演した伊藤健太郎が、“浮気のボーダーライン”について語った。

【別の記事】伊藤健太郎を号泣させた木村拓哉の一言とは?「去り際に…」

番組では、“人によって考え方が違うこと”という話題から転じて、“浮気のボーダーライン”についての話題になった。伊藤は「俺は、自分がされて嫌って思ったら、それはもう浮気だと思ってるわけですよ」「だからもし自分が“手つなぐのいいよ”とか、“一緒にご飯行くのいいよ”だったら別にいいけど…“やだな”って思ったら、たぶんダメ」と意見を述べた。

その上で、“肉体的な関係がなければ浮気ではない”という意見もあるとして、「それ俺さ、いかれてんだろうなって思うわけですよ」「じゃ、チューはいいのか?と。手つなぐのいいの?と」と、このような意見は容認できないと語った。

さらに、手のつなぎ方によって、浮気かそうでないかの意見が分かれることもあるとして、「わけわかんないよね」「“気持ち動いたら”なのかな?」などとコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254