菅田将暉がきっかけで大ブレイクした催眠術師、当時を振り返る「涙出る位…」

2019.11.20 18:00

11月18日放送のTBS系『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』に出演した催眠エンターテイナーの十文字幻斎氏が、菅田将暉に催眠術を掛けた際のエピソードを語る場面があった。

【別の記事】菅田将暉、俳優生活“10周年”の節目の心境を吐露「辞める可能性も…」

3年前、同局の番組で十文字氏が菅田に催眠術を掛けるという企画があり、「正直楽勝だと思います」「(成功確率)98%」と自信満々にさまざまな催眠術を行ったが、菅田はどの催眠にもかからなかったという当時のVTRが放送された。

催眠術業界のタブーである失敗の様子が全国放送で晒されることとなった十文字氏は、「悔しい。涙出る位かからなくて」と当時の心境を明かし、「家に帰って嫁さんに、『仕事全部なくなったらバイトでもなんでもするから。すまんな』って僕、嫁さんに謝ったぐらい、もう駄目だなと」と語った。

しかし、実際オンエアされると、「オファーの電話とかメールがいっぱい来まして」として、「『菅田さんの放送を見ました。ヤラセじゃないって思ったから仕事をお願いしたいんです』っていう方がものすごくなって」と明かし、仕事が3~4倍に増えたと明かされた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100