TOKIO松岡、生田斗真や風間俊介の活躍に言及「1つ風を変えたと思う」

2019.10.24 20:15

10月23日に放送されたフジテレビ系『TOKIOカケル』に、TOKIO松岡昌宏が出演した。

【別の記事】生田斗真、約20年前のTOKIO松岡の“ある行動”明かし「さすが」の声

番組では、TOKIOらがそれぞれ“スゴイと思う後輩”について話し合う場面があり、その中で松岡はグループではなく個人で活躍するジャニーズに関するトークを展開。

松岡は「(生田)斗真とか、風間(俊介)とか。グループ組まないで出てきたっていうのは、1つ風を変えたと思う」と切り出し、「それを後輩が見て」「『あ、別にそれアリなんだ』っていうことになってくると、広がるよね。選択肢が」と語った。

また、他の出演者からの“ジャニーズタレントは踊りと歌ができるということが根底にある”という発言に、松岡は「だから、斗真とか風間とかがバック(ダンサーに)ついたときかな。あんときの特別感は普段踊っている人よりも強かったかなあ」とコメント。普段踊っていないからこそ感じた“特別感”があったと話していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254