ロッチ中岡、高校時代にあった“関西の上下関係”を振り返る「哀しい戦いが…」

2019.10.12 18:45

10月10日に放送された日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX秋の超豪華合体スペシャル!』で、ロッチ中岡創一が出演し、高校時代のトークを展開する場面があった。

【別の記事】千原ジュニア、“関西人に多い”意外なトークの特徴を語る

ダウンタウンの浜田雅功から、地元だという奈良について「バカにされるいうことは別にないよねぇ?」とおどけたような口調で聞かれた中岡は「その言い方がもうバカにしてる感じありますけど」と主張しながらも、「(奈良は)いいところですよ」と自身の意見を述べた。

だが「特にね、馬鹿にするのがね、京都なんですよ」と切り出し「僕ね、京都にね、高校通ってたんですよ」「そしたら『奈良の猿が山から下りてきよった』って京都のやつ言うてきよるんですよ」「大阪の人ってそこまで、奈良馬鹿にしてこないでしょ。でも、京都の人はすごい馬鹿にしてくるんですよ」と京都の高校での出来事を振り返った。

また、高校には滋賀から通っていた人もいたといい、「京都の人が、奈良も滋賀も馬鹿にするんですよ」「全然憎しみあってないのに、どっちが上かで(奈良と滋賀の)哀しい戦いが生まれるんですよ」と続け、スタジオを笑いに誘っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100