蛯原友里、“エビちゃんブーム”時代の多忙ぶり語る「朝から晩まで着替えてました」

2019.10.2 7:00

10月1日放送の日本テレビ系『バゲット』に蛯原友里が出演した。

【別の記事】益若つばさ、読者モデル時代の待遇を振り返り「洋服も109行けば貰えた」

番組では、蛯原のこれまでの経歴などが紹介された。この中で、かつて雑誌『CanCam』の専属モデルを務めていた蛯原は、雑誌で着用した服が即完売してしまう“エビ売れ現象”や、蛯原のファッションをお手本にする“エビちゃんOL”の出現など、数々の社会現象を巻き起こし、一世を風靡したことが紹介された。

これを受け、青木源太アナウンサーは「エビちゃんのファッションを真似したり、髪型真似したりっていう女の子が世に溢れていたじゃないですか?」「『あ、あの子ちょっと私の真似してるかも』とか、そういうのわかりませんでした?」と質問。

蛯原は「思ったことあります。『嬉しい~』みたいな」「『あ、私と似てるカッコしてくれてる』みたいな」と当時を振り返った。

さらに、青木アナが「当時お休みはありました?」と尋ねると、蛯原は「そこまでなかったんですけど」と答えた上で、当時の仕事に言及。「1日に最高167カットぐらい撮って」「朝から晩まで着替えてました」と撮影の様子明かし、スタジオからは驚きの声があがった。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254