ムロツヨシ、不思議な“舞台あるある”明かす「同じセリフなのに…」

2019.9.18 20:50
ムロツヨシ、不思議な“舞台あるある”明かす「同じセリフなのに…」サムネイル画像
ムロツヨシ

9月17日深夜放送のテレビ朝日系『川柳居酒屋なつみ』に出演したムロツヨシが、“舞台あるある”について語った。

【別の記事】ムロツヨシ、戸田恵梨香とのキスシーン振り返り「すごかった…」

番組には、三宅裕司らがゲスト出演し、ムロとトークを展開。この中で、“笑いの作り方”について質問された三宅は「大体、大元が“失敗”ですからね」と切り出し、「そのためには緊張感のある設定を作るんですよ」「緊張感があれば、失敗してもわざとらしくない」「わざとらしいと笑ってくれないです」と語った。

すると、ムロは「舞台用語で“二落ち”という言葉がありまして」と舞台での“あるある”について話し始め、「舞台初日やって、まさかここでウケるとは!ってとこウケた時に、2日目に“そこ絶対もうウケる”って知っちゃってる自分がやったら、全くウケないんですよ」と説明した。

続けて「ウケるかどうか分からなくて、怖がってやってると面白いのに…」「同じこと、同じセリフなのに」と語ると、三宅は「同じことをやっていて、何か違うんでしょうね」「どっか心の中でほくそえんでるんでしょうね。“ここウケるぞ”っていう」とコメントした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100