菅田将暉、マンガなどの実写化に言及「いろんな正義があるんだなぁと」

2019.8.7 7:00

8月5日深夜放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に出演した菅田将暉が、マンガなどの実写化に言及する場面があった。

【写真】菅田将暉、中学1年生頃の貴重な3兄弟ショットが公開で「かっこよすぎやろ!」「中学生でこのビジュアル」

番組の中で、菅田は“マンガ『ONE PIECE』のキャラクターのコスプレコンテストが行われた”という話題を出し、「これ見ました。すごかったっすね」と感想を述べた。

また「僕も『何のマンガのどのキャラやりたいかな』とかね、考えたりするわけなんですけれども」「僕の仕事柄…みなさんとは違う職種やからこそ、ブレるというか。実写化がよぎるというか」として、俳優という職業上、“実写化”を意識してしまうと語った。

続けて「好きではどうにもならない問題がありますから」と話し「みなさんは原作ファンから“正義のお言葉”で叩かれたことはないから、分からないでしょうけれども」「正義の言葉っていうか、原作ファンの正義の言葉、って言った方が正しいかもしれないですね。いろんな正義があるんだなぁという」「正義はそれぞれ違いますからね」などとコメントした。

さらに「『このキャラクター1番似合いそうな俳優ランキング』とか、何位かとかにたまに出させてもらったり、選んでもらったりするんですけれども」と切り出し、「それで“正義のお言葉”をもらったりするわけなんですよ」とコメント。

「僕は何にも言ってないわけですから」「普通に家でじっとしてるだけやのに…告ってないのにフラれたみたいな」と笑いながら語り、「果たして本当の正義とは何か?っていうことだとも思うんですよ」「時に凶器になるということもたまには考えていただきたい」と持論を展開した。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254